多肉植物の育て方 <アドロミスクス>
Crassulaceae Adromithcus
生育期 : 春・秋の涼冷期
休眠期 : 夏季

基本的には真夏に注意さえすればいたって簡単。
自生現地では数メートル行くと顔が異なってしまうほど種類が豊富
花の観賞度はあまりないが、コレクションアイテムとして人気、
奇妙な形が虜になる属種といえます。


アエオニウム属
アドロミスクス属
エケベリア属
カランコエ属
クラッスラ属
グラプトペタルム属
グラプトベリア属
コチレドン属
セダム・セデベリア属
センペルビウム属
ジョビバルバ属
パキフィツム属
 アドロミスクス月別育て方
 
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
水やり × ×
日当たり × ×
植え替え
繁殖期 × × × × ×
 病害虫                

置き場所



基本的には南向きの日当たり・通風が良いベランダ・軒下がお奨めです。
アドロミスクス属は真夏、20~30%遮光・通風が必要です。真夏は特に直射日光に注意しましょう。
レース越しの窓際など、半日陰にて管理しましょう。秋中旬~霜の降りる前までは戸外栽培可能です。
(一部の寒冷地域を除く)寒さには丈夫なので強健株作りには戸外での栽培をお奨めします。
長雨にあてる事は要注意しましょう。真冬、日当たりの良い室内または簡易温室で管理しましょう。

 
水やり



水やりは週に何回と決められるものではありません。各家庭での環境・
置き場所などにより乾き方が違うからです。
アドロミスクス属の夏季休眠期は水やりを控えめにしましょう。断水ではなく、
葉がしわしわになってきたら与えてあげましょう。
植物は各々サインを出してくれます。そこがポイントです。
葉が落ち易い種類なので葉に直接かけるのは避けましょう。
1回の水量は鉢底から流れ出るようにたっぷりと与えてあげましょう。
中途半端な水やりは返って植物を腐らせます。
真夏・真冬は天気の良い午前中たっぷりと与えてあげましょう。

 
植え替え



植え替えを怠ると用土は痩せおとり生育に乱れが出たり、
様々な病気の原因や病害虫を集める原因となります。
アドロミスクス属の植え替え適期は秋初旬の植え替えがお奨めです。
植え替え時は植物のサイズを見て、一回り大きな鉢に入れてあげましょう。

 
繁殖適期



繁殖は多肉植物を育てている楽しみ方のうちの1つです
アドロミスクス属の繁殖適期は秋初旬がお奨めです。挿し木・葉ざしを行います。
葉ざしは月日を要するので根気強い管理が必要かもしれません。

 
病害虫



病害虫による被害は未然に防げることもあります。早期発見・早期対処で快適な
植物LIFEを送りたいものですよね。
アドロミスクス属の起こり易い病気は根腐れ・凍結があります。夏季、水の与えすぎによる根腐れ。
植え替えの怠りによる根つまり。冬季、霜の降りるころに戸外へ出したまま、
または室内での急激な冷え込み等で凍結します。
凍結しても時に根が完全にだめになっていない場合、春中旬より新芽が出てくる場合もあります。
ワタムシによる被害は余り見られません。開花時にアブラムシによる被害にl気をつけてください。
また冬季、室内での管理は徒長による株の弱りも心配されます。
室内においても日照時間の確保をしたいものです。

多肉植物・サボテンの専門店 多肉永遠

多肉植物の属別管理法 多肉植物の種類 多肉植物図鑑